本文へスキップ

北日本工業株式会社は家庭に送る電気エネルギーを支えます。

主要設備FACILITY

主要設備

○○○○○○○○イメージ

「腕金設備」 

軽量腕金は通称アームとも呼ばれているもので、電柱に取付け、電線を支持する事を目的に開発されたものです。
熱延鋼板のスリットコイル材を素材とした薄板で、冷間成形により製造されます。製造穴抜き工程では数値制御装置(NC)付プレスにより、運転を自動化し製品精度の向上を図っています。
穴抜きされたコイルは造管機(コールドロールフォーミングマシン)に送り成形・高周波誘導溶接・切断・バリ取りに至る全工程を自動化ラインにより連続的に製造されます。



○○○○○○○○イメージ

「ボルト設備」 

日本に冷間圧造技術が導入されて以来、鉄鋼材料の常温による塑性変形加工が各企業に本格的に採用され約60年になります。
当初は、比較的変形加工の容易なネジ産業に導入がはじまり、いまや高精度な航空機産業にいたるまで、あらゆる分野に冷間圧造加工が採用されています。
当社でも高品質、高歩留、省力化を確保するため冷間圧造加工の自動化指向に徹し、最も近代的な生産設備を整え量産体制に万全を期しています。




○○○○○○○○イメージ

「バンド・金物類設備」 

産業と暮らしのエネルギーや情報を象徴する電力と通信を支えるため、独特の技術を駆使した最新鋭の生産設備とシステムにより配電、発変電、通信用のバンド・金物類を効率的に製造しています。
バンド・金物類を取り巻く環境は苛酷な条件の中で長期間使用されます。しかも、電気、通信を安全に供給しなければなりません。このため、何よりも高い信頼性が要求されます。
当社では、製品の評価試験はもとより調査、製品企画製品設計、量産、販売、サービスに至る、あらゆるステップで品質を確実につくり込み、信頼性の高い製品をお客様にお届けしています。

○○○○○○○○イメージ

「鋼板柱設備」 

鋼板柱専用設備ラインは昭和53年に完成し、これまで複合柱・継柱鋼管などの製造をおこなってまいりました。
その中の複合柱は東北電力鞄a向電柱用として、とくにその保管、運搬の軽便さと建柱の容易さは他の追随を許しません。
高張力鋼板(抗張力540N/mu以上)を材料とした薄板(厚み1.2mm〜2.2mm)を使用し、製造されます。
専用設備ラインでつくられた部材は防錆のため、内外面ともにとくに厚い溶融亜鉛めっきが施されます。

○○○○○○○○イメージ

「巻付グリップ設備」 

巻付グリップは、主に配電・通信路の支線・電線などの引留に使われますが、その安全性、作業性などから非常に高度な規格が要求されます。とくに、この種の商品は、メッセンジャーワイヤーおよび電線の破断強度以上の掌握力があるように設計されています。
素材は、加工性に優れた硬鋼線に溶融亜鉛めっき加工を施した高張力材(1470〜1720N/mu)および強度が強く弾力性があり、耐食性の良い銅合金材で、ユニークな専用設備により信頼される商品が今日もまた、ここから誕生しています。

○○○○○○○○イメージ

「溶融亜鉛めっき設備」 

鉄はあらゆる産業の基礎資料として広く使用されています。これは鉄の持っている、強度の高さ溶接や切断などの加工の容易さなど数々の長所によりますが、鉄には「錆る」という宿命的な問題があります。
鉄から錆を防ぐには鉄の表面が直接水分に触れないよう強い皮膜で覆ってしまえばいいわけです。つまり、それが溶融亜鉛めっき・・・。
厳しい検査からはじまるめっきの生産工程。このように鉄を美しく、より丈夫にするために、これまでの豊かな経験と実績、そして亜鉛めっきを知りつくしたベテラン技術者とが一体となって「鉄の新しい生命」をつくりあげています。




バナースペース

北日本工業株式会社

〒981-4413
宮城県加美郡加美町鳥屋ヶ崎
字泥坂屋敷20−2

TEL 0229-67-3021
FAX 0229-67-3022